トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科

心がけているのは「痛くない」そして「早く終る」こと

「なるべくなら長くいたくない場所」
歯科医院をそんな風に思っている患者さんは多いのではないでしょうか。

痛くない早く終わる治療

患者さんが望んでいるのは、「治療時間は短く」、「痛みは少なく」、そして「治療技術は確かなものを」ということだと思います。

当院では、患者さんへの心理的な負担がなるべく軽くなるよう、できるだけ治療は手早く終えるよう心がけています。そして同時に、「地域のホームドクター」としての信頼を得られ、長いおつきあいができるよう、技術面でもしっかりとした治療を行っております。

痛くない麻酔への工夫

痛くない麻酔肌に感じる感覚と比較して、お口の中はとてもナイーブです。だからこそ、「痛くない」治療が必要です。

●表面麻酔でチクっとする痛みを軽減
●人肌に温めた麻酔薬で痛みを緩和
●刺したことも気づかないような、細い針を使用
●電動麻酔でゆっくりと注入

治療中の痛みを抑える麻酔ですが、麻酔そのものを刺すときの「チクっ」という痛みが苦手な方もいるかもしれません。当院では、歯ぐきの表面に「表面麻酔」を塗り、粘膜表面の痛みを麻痺させることで、注射の針を刺すときの痛みを緩和させています。また、麻酔薬が冷たいと人は痛みを感じるようになっていますので、麻酔薬を人肌に温めるといった工夫も行なっています。

そして、いよいよ歯ぐきに麻酔を打つときは、注射針を刺したことに患者さんが気づかないような、できるだけ細い針を使いながら、自動でゆっくりと液を注入できる電動麻酔を使用しています。注射の痛みとは、実は注入のスピードによる圧力で生まれるもので、人間の手で行う注射はどうしても圧力にムラが生じてしまいます。電動麻酔を使用することでこうした痛みの原因を解消しております。

お子さんを怖がらせない工夫お子さんの場合、怖がらせない工夫も
とくにお子さんの場合は、痛み以前の問題として、注射針そのものを怖がることがあります。これは大人でも同じですが、恐怖心を持っているときに、急にワッと大きな声を上げれば、とてもビックリして心臓もドキドキします。プレッシャーをより大きく感じてしまう心理状態ということです。

これと同じで、心理状態によっては、痛みをより大きく感じてしまうこともあるのです。ですから、お子さんには針を見せない工夫や声がけの方法とタイミングで、気づかないうちに麻酔が終わっている、そんな心理面での工夫も重要だと思っています。

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行状態Co(シーオー:初期う蝕、要観察歯)
歯が溶け始め、虫歯が始まったばかりの状態です。まだ穴が開いていたり、黒ずんだりはしません。

【治療方法】
フッ素入りの歯磨き粉を使ってブラッシングをすることで、再石灰化を促すことが可能

虫歯の進行状態C1(エナメル質う蝕)
虫歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴が開いた状態です。象牙質には達していないので痛みはありません。

【治療方法】
必要最小限削り、保険適用の白い詰め物を入れる

虫歯の進行状態C2(象牙質う蝕)
虫歯菌がエナメル質の下の象牙質まで溶かしている状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、麻酔をしてから治療をする必要があります。

【治療方法】
・虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れることで治療は完了
・虫歯が歯の深部まで達している場合は患部を削り、詰め物を製作して装着

虫歯の進行状態C3(神経まで達したう蝕)
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死してしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

【治療方法】
・根管治療が必要。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除く

虫歯の進行状態C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

【治療方法】
・ここまで進行すると抜歯するケースも
・治療可能な歯質が残っていれば、根管治療となる

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談下さい

トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科


PAGE TOP