トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » 【院長の思い】シッカリと噛める喜びを

【院長の思い】シッカリと噛める喜びを

噛める喜び歯周病によるトラブル、入れ歯によるトラブル、患者さんによって原因はそれぞれありますが、「シッカリと噛める」という実感から遠ざかっている患者さんは多いのです。

やはり、現在のトラブル状態になれてしまうことで、「噛めない」ことが常態化してしまうのでしょう。「噛めない」ことが普通になってしまうんですね。

苦労したからこそ「噛める」喜びを取り戻してほしい
実際の例ですが、以前他院でインプラントを断られた患者さんがいました。ご本人も半ばあきらめていましたが、当院でもう一度審査した結果、方法を選べば可能だと分かったんです。その方はもう長いこと入れ歯で苦労していたとのことでした。だからこそ、「シッカリと噛める」喜びをもう一度取り戻して欲しいと強く思ったんです。

「噛めない」ことが普通になって、そこから「噛める」喜びを取り戻したときの感激って、ものすごく大きなもの。患者さんのそういう喜びとか感激の表情を見たり言葉を聞くと、本当にこの仕事やってて良かったと思いますね。

インプラント手術を行うだけでなく、メンテナンスについて理解してもらおうと思うのも、おこなった手術に責任を持ちたいからなんです。それと同時に、歯科治療はとくにアフターフォローが重要な医療分野ですし、経過を見守っていたいという気持ちが強いんですね。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » 【院長の思い】シッカリと噛める喜びを


PAGE TOP