トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » 【増骨手術】他院でインプラント治療を断られた方へ

【増骨手術】他院でインプラント治療を断られた方へ

インプラントの条件インプラントを行う場合には、患者さん側に求められる次のような条件があります。

●インプラントの埋入位置に充分な量の健康な骨があること
●歯ぐきの健康状態が良好であること

逆に言えば、上の条件を満たしていない場合は、治療を断られる場合もあります。とくに、一番目の「充分な量の健康な骨」の条件から治療を断られるケースは少なくありません。ただ、そのような場合でも必ずしもあきらめる必要はありません。なぜなら、あごの骨を補うことでインプラント治療が可能になるケースがあるからです。

骨を増やす手術と方法

【サイナスリフト】
「サイナスリフト」は、上あごの骨が少ない場合におこなう手術です。上あごの奥歯の上方にはサイナスと呼ばれる「上顎洞」という空洞があります。この空洞に「補填材」を填入することで骨をつくります。使われる「補填材」とは、最終的には自分自身の骨におき変わるもので、骨と同様の組成を持った人工骨です。

【ソケットリフト(オステオトーム)】
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合におこなう方法です。ソケットリフトは、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みがそれ以下の場合は、サイナスリフトを行う場合が多いです。一般的には、「サイナスリフト」に比べ外科的なリスクが低く、処置も簡便なため短時間でおこなうことができます。

【GBR】
「GBR」法は、大きくわけて2つのケースがあります。インプラントと同時に行われるものと、インプラントを行う前に行われるものです。インプラントと同時に行う方法は、歯槽骨と呼ばれるあごの骨の不足分が少ない場合、つまり骨がちょっと足りない、といったケースで行われます。

インプラント前に行う方法は、歯槽骨の不足が大きい場合、つまりだいぶ足りない、といったケースで行われる方法です。この方法では、足りない部分に歯槽骨を移植することになります。お口の中の支障のない部分から歯槽骨を採取し、不足部分にチタンで固定します。移植後に骨が固着するまで4〜8ヶ月ほど待ち、その後インプラントを行うことになります。

いずれの方法にせよ、現在のあごの骨の状態を確認しなければ、適正な方法を決めることはできません。まずは、ご相談ください。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » 【増骨手術】他院でインプラント治療を断られた方へ


PAGE TOP