トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児歯科 » 【当院の小児歯科】お子さんの不安がなくなるまでは治療しません

【当院の小児歯科】お子さんの不安がなくなるまでは治療しません

お子さんの不安がなくなるお子さんが持つ一番の「不安」は、「いったい、これから何が始まるのか」。そして、それは「痛くないか」という恐怖心ではないでしょうか。

当院では、お子さんの治療にあたって、この不安を解消できるまでは治療をおこないません。「不安」や「恐怖心」というのは、歯科技術以前の心理的な問題です。なにが起こるか分からないから怖いのですし、治療の道具にしても何をするためのものか分からないから不安になるのです。

治療は「怖くない、痛くない」
小児歯科の場合、まずは歯科治療は怖くない、痛くないということを知ってもらうことから始まります。

お子さんの目線に合わせて、しゃがんで話をすることは重要です。まだきちんと話ができない年齢のお子さんに対しては、たとえばミラーを「これ、なぁ〜んだ?」と手に持たせてあげたりします。その次に「口にくわえてごらん」といった感じで、少しずつ抵抗感を減らしてゆくのです。「平気、怖くない」と分かれば、お子さんがムダな恐怖心を持つことはありません。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児歯科 » 【当院の小児歯科】お子さんの不安がなくなるまでは治療しません


PAGE TOP