トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療法概要

歯周病の進行具合と治療法概要

歯周病は主に、軽度・中等度・重度の3段階に大別されており、その進行度に合わせた治療法があります。患者さんの口内環境に合わせて行いますので、「もしかしたら歯周病かも...」と思われたら、すぐにでもご来院ください。

軽度軽度歯周病
〈症状〉
・歯周ポケットにプラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌が繁殖している状態
・歯肉に軽い炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる
・自覚症状がでにくい

〈治療〉
・効果的なブラッシング指導
・歯科衛生士による数回のクリーニング

中等中等度歯周病
〈症状〉
・出血や口臭がある
・歯石が目立つ
・歯ぐきの骨が後退しはじめ、歯のグラつきを感じるようになる

〈治療〉
・痛みのある場合、麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要
・歯石の除去(場合によっては外科手術により除去が必要)

重度重度歯周病
〈症状〉
・化膿によって歯肉が真っ赤に腫れている
・歯ぐきの骨が破壊されて後退している
・歯のグラつきが大きい

〈治療〉
・歯周外科治療


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療法概要


PAGE TOP