トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 【当院の入れ歯メニュー】症状に合わせてさまざまな入れ歯があります

【当院の入れ歯メニュー】症状に合わせてさまざまな入れ歯があります

患者さんの症状や状況に応じて、入れ歯にも種類があります。歯が全てなければ「総入れ歯」になるでしょうし、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作ることになります。

●保険と自費の違い
一般に、保険内の入れ歯はコストの低さが重視されます。対して自費の入れ歯は一般に、コストよりも機能や審美性、耐久性が重視されたものと言えるでしょう。ただし、最初から自費の入れ歯をつくることを不安に思う方も多くいらっしゃいます。その場合は、まずは保険義歯で入れ歯をつけるという感覚に慣れたあとで、より自分自身の要望にあった自費の入れ歯をつくるということをおすすめしています。

マグネットデンチャーマグネットデンチャー
入れ歯の裏側に超小型磁石をつけ、残っている歯根やインプラントと合わせる事で吸引力が発生し、ピッタリと吸着します。また、水平方向などに無理な力(側方圧)がかかった場合には、マグネットが外れて力を逃してくれるので、他の歯やあごの骨に負担をかけません。

【特徴】
・固定性に優れている
・入れ歯であることを気づかれにくい
・インプラント手術が必要

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
歯肉(歯ぐき)に弾力のあるナイロン性樹脂を被せることで、自然な見た目を再現できる入れ歯です。金属のバネを使わないため、従来のプラスティックの入れ歯よりも薄くすることができます。

【特徴】
・外からバネが見えないため、入れ歯と気づかれにくい
・樹脂が柔らかく軽いので、装着時の違和感が少ない
・歯の根元で支えるので歯の負担が少ない

金属床義歯金属床義歯
入れ歯の床部分を金属でつくります。食べ物の温度が自然に伝わるので、食事をおいしく楽しめる点が大きなメリットです。プラスチックの入れ歯に比べて、やはり薄くつくることができるので違和感を感じません。

【特徴】
・床部分が薄いため違和感がほとんどなく、熱が伝わりやすい
・食べ物の冷たさ・温かさを感じることができる

コバルト床義歯コバルト床義歯
金属床義歯の1つで、弾性に富んだコバルトクロム合金が使われます。張り付くようなマッチ感があり、自然な舌感覚なので違和感がありません。金属床としては比較的低価格である点もメリットですね。やはり熱が伝わりやすく、加えて耐久性にも優れているため、長く使用することができます。

【特徴】
・食べ物の冷たさ・温かさを感じることができる
・耐久性に優れる
・比較的リーズナブル

チタン床義歯チタン床義歯
チタンを使用しているため軽量感があり、生体親和性の高いため人体にも優しいのがメリットです。強度があるので上顎の入れ歯に向いています。また、チタン使用なので、アレルギー反応が起りにくいという特徴もあります。

【特徴】
・軽量感があり、人体にも負担が少ない
・金属アレルギーが起こりにくい


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 入れ歯治療 » 【当院の入れ歯メニュー】症状に合わせてさまざまな入れ歯があります


PAGE TOP